Pocket

bank128_128カードローンは借入金の使用用途は自由ですが、そのカードローンの中には、子供の教育資金に使用するとお得になる教育カードローンというものがあります。この教育カードローンは、地元の地方銀行や信用金庫が販売している教育資金用の金融商品です。想定できない出費がある教育費用に備えて教育カードローンの活用はおすすめといえます。

教育カードローン

一般的なカードローンは、使用用途に関して特に指定がありませんので、何にお金を使っても自由です。しかし、子供の教育費用としてカードローンの利用を考えるのであれば、教育カードローンというものがお得に利用することが出来ます。

教育費用に関しては、当初に予想した金額におさまるというケースは少ないので、教育ローンを利用する場合は少し多く借りておき、繰上げ返済をするというのがお得な利用法となります。

しかし、教育カードローンは必要なときにその都度ATMなどから引き出して借りることができる、返済に関してもATMやネットバンキングでの返済というのが可能になりますので、活用次第では想定外の教育費が発生したときには、スムーズにお金を用意することが可能で、スムーズに返済も可能です。

教育カードローンに関しては、地元の地方銀行や信用金庫が販売する教育資金であり、金利が非常に優遇されています。金利は2~3%程度というのが一般的です。

この金利に関してですが、教育カードローンを利用する金融機関で住宅ローンや積立金、給与振込、さらには公共料金引き落とし、クレジットの代金の引き落とし用の口座にしておけば、金利をさらに優遇してもらえる可能性があります。おおよそですが、0.1~0.5%程度の金利割引は、少ないと思うかもしれませんが金利は少ないに越したことはありません。

教育カードローンを利用するための条件について

教育カードローンを利用するためには、金融機関の審査を受けて借入枠を設定する必要があります。そのため、基本的に審査に通る必要が出来ます。審査に通ってしまえば、借入枠ないで、必要なときに必要な分だけATMから引き出すこと出来ます。

ただ、利用する金融機関の営業区域に住んでいる、もしくは勤務先があるということが求められます。

また、金融機関によって異なるのですが審査を通過に重要になる点として、同一勤務先に最低でも1年以上、できれば3年以上勤務していることが好ましくなります。自営業の場合は同一事業を1年以上、できれば3年以上継続的に続けていることが望ましいでしょう。

年収に関しては、150万以上200万円は必要としている金融機関が多くなります。

基本的には、勤続年数や年収に関しては、そこまで重視されていませんので、金融機関の営業区域に内に住んでいるか勤めているかしていれば、信用情報に問題がない限り、誰でも教育カードローンを利用することができるでしょう。

借入枠について

金融機関に審査を申込んだ後に、借入限度額を決めるのですが、金融機関ごとに異なっており300万円や500万円などがあります。

ただ、年齢や勤務形態、そして収入や所得、その他のローン状況によって借入限度額に制限が加わる可能性があります。つまり、借りすぎることはできないようになっていますが、簡単に借りることができますので、過度に借りすぎないように注意をしましょう。

低金利の教育カードローンだとしても、借りた額よりも最終的には利息分を多く返済することになるので、計画的に借りることが重要です。

まとめ

教育カードローンは、カードローンのようにATMを利用して借入枠内であれば、必要になる都度、借入をすることができる金融商品です。

教育ローンの審査に通過することができるのであれば、利用することができますが、年収や雇用形態、年齢、その他のローン状況によっては借入に制限が加わる可能性があります。

基本的に、地元の地方銀行や信用金庫が販売している教育資金であり、低金利であり、借りたり、返済するのが容易なのでどのくらい教育費用がかかるのか見当がつかない場合はおすすめです。

Pocket