Pocket

atm96_96長引く不況のため、現在は奨学金や教育ローンを利用して進学をするというのが一般的です。そして近年、教育ローンとカードローンを組み合わせた金融商品である教育カードローンが誕生しました。この教育カードローンは比較的メリットが大きい金融商品です。今回は、教育カードローンのメリットについて紹介をします。

教育カードローン

長引く不況、そして大卒が当たり前の昨今において、子供の進学の費用というのは、保護者の頭痛のタネです。仮に子供が奨学金を利用して進学をした場合、卒業後に子供は奨学金の返済義務を負いますので、ブラック企業などに就職をしてしまったら転職の足かせになります。

奨学金といえば聞こえはいいですが、これも結局のところ教育ローンの1つです。社会人1年目から借金を背負うことに相違ありませんので、保護者に返済義務がある教育ローンとの併用で奨学金の返済額を抑えるというのも1つの手段であるといえます。

しかし、一般的な教育ローンはフリーローンと同じように、その都度、審査を行ない借り受けるという少し煩わしい手順を踏まなければいけません。そのため、国の教育ローンである日本政策金融公庫から融資を受ける場合は少し多く融資を受けて、余った分は繰り上げ返済をするというというのが賢い利用方法になります。

そのような煩わしい教育ローンにカードローンの手軽さを組み合わせたものが、教育カードローンというわけです。教育カードローンは決められた限度額の枠内で必要に応じて、すぐにお金を引き出すことができ、またすぐに返済をすることが出来ます。つまり、いちいち店舗へ行く手間を省くことができる画期的なものであり、ある意味では教育ローンの上位互換の金融商品ともいえます。

教育カードローンのメリット

教育カードローンのメリットに関してですが、下記のものがメリットといえます。

  • 必要に応じてスピード借入が可能
  • ムダが少ない
  • 審査が比較的緩い
  • 返済期間が長い
  • 金利優遇サービスが豊富

これらがあります。

必要に応じてスピード借入が可能

これは前述したとおりですが、教育資金が必要なときには一般のカードローンと同様に店舗に足を運ぶ必要がなく、借りる都度、審査をする必要が無い点にあります。

通常の金融機関では、どんなに早くても審査には1日は必要なので、この審査の時間を省くことができるのはかなりのメリットといえます。また、融資のために金融機関へ足を運ぶ暇を見つけるというのも働いている保護者にとっては難しいことですから、ATMなどからお金を引き出すことのできる教育カードローンのスピード借入のメリットは大きいでしょう。

ムダが少ない

教育資金に関しては、事前に見積もりを立てても、その通りになるとは限りません。そのため、教育ローンを利用するのであれば、予想よりも多く借りるのが一般的ですが、その分、利息が余計に発生します。

繰上げ返済をする場合は手数料などがかかることがありますので、どうしても教育ローンの場合はムダが多くなってしまいます。しかし、教育カードローンに関しては、必要な分だけを借りることができるので、ムダが少なくなります。

審査が比較的緩い

地元の地方銀行や信用金庫が教育カードローンを取り扱っていますので、その営業区域内に住んでいたり、職場がある場合は審査がそこまで厳しくはありません。

もちろん、利用できるものの、利用限度額に制限を加えられることもありますが、国の教育ローンなどと比べると審査は緩くなります。

返済期間が長い

教育カードローンに関しては、基本的に元本据置返済になります。子供が在学中は利息のみの返済で問題なく、卒業後に最長10年以内に借入残額を返済することになります。

金利優遇サービスが豊富

教育カードローンは、地元の地方銀行や信用金庫が展開していますので、教育カードローンを利用する金融機関に給与振込口座を持っていたり、住宅ローンを組んでいたり、そのたローンを利用していれば、金利が安くなるサービスというのを展開しています。

最大で1%の金利優遇サービスがありますから、国の教育ローンと比較をしても、遜色ない金利になることもあります。

まとめ

教育カードローンのメリットは下記の通りです。

  • 必要に応じてスピード借入が可能
  • ムダが少ない
  • 審査が比較的緩い
  • 返済期間が長い
  • 金利優遇サービスが豊富

この中で最大のメリットは、スピード借入が可能です。教育資金が必要になった都度、その分だけ、すぐに借りることができるので、どのくらい教育資金が必要なのか予想することができないという場合には、教育カードローンは強みを発揮します。

予想外の出費などに備えて、教育カードローンを利用するというのが理想的です。

Pocket