Pocket

教育ローンに関しては、証書貸付型の教育ローンであれば、必要なときにすぐに利用することができないというデメリットがあります。例えば国の教育ローンの場合、申込んでから20日程度で入金となります。追加利用の場合でも再審査が必要になりますので、少し多めに申請をしなければいけません。すぐにお金が必要というときは銀行や消費者金融業者のカードローン(キャッシング)が有利です。

教育ローンの代わりにカードローンを使うという選択肢

まず、国の教育ローンをはじめ、一般的な証書貸付型の教育ローンに関してですが、必要額をまとめて借入して毎月返済をするという方式になります。国の教育ローンに関していえば、融資が実行されるまでに20日間程度の時間がかかります。ただ、証書貸付型の教育ローンの場合、毎月の返済額が一定になりますので、家計のやりくりを考えるのであれば、利用しやすいといえます。

しかし、教育資金に関してですが、例えば初めての子供が大学などに入学した場合、どのくらい1年にかかるのかというのを事前に計算するというのは難しいでしょう。さらに1人暮らしなどをするとなれば、計算は困難を極めます。

そのため、証書貸付型の教育ローンを選択する場合、必要額よりも少し多めに申込みをして、使わなかった分は繰上げ返済をしていくというのが上手な教育ローンの利用の仕方といわれています。しかし、どのくらいかかるのか解らないので、申込みをした額以上の教育資金が必要になるケースもあります。

このようなときに、カードローンを利用することで、不意に生じた出費に対しても柔軟に対応することが出来ます。カードローンに関しては、20歳以上で安定した収入があれば、審査から振込までの流れは非常にスピーディーですから、教育費用の補てんのためには非常に有用です。

カードローンの使用用途に関して

カードローンは、使用用途を限定していませんので、自由に使用することが出来ます。使用用途が自由というのは魅力的です。ただ、その分、金利は高く設定されていますので、教育ローンよりもよく考えて利用をする必要があります。

つまり、教育ローンの融資までに余裕が無くて、教育資金が賄いきれない場合には、カードローンを利用して賄うというのが理想的です。

教育ローンとして使えるおすすめのカードローン

カードローンに関しては、銀行や消費者金融業者などが提供しているサービスです。消費者金融業者に関しては、総量規制の関係で年収の3分の1までしか借りることができませんが、銀行のカードローンの場合は、総量規制の対象外になりますので、返済できる範囲内で借りることが出来ます。

アイフルのキャッシングローン

特に、大手消費者金融業者であるアイフルのキャッシングローンに関しては、審査から融資が実行されるまでの時間が非常にスピーディーです。申込む方法にもよりますが、審査にかかる時間は最短で30分程度で融資が実行されます。

また、初めて利用する場合、最初の契約の翌日から30日間無利息になるサービスがありますので、予定していない教育費用が出たときには非常に優れています。翌月に返済してしまえば、借りた額だけで済むのですから利息などを気にする必要はありません。

例えば、子供が一人暮らしをする場合、引っ越し費用、敷金、礼金などが突然発生します。これらの費用に関しては、事前に用意するというのは難しいといえます。そのような場合、1回きりで利用するということを考えるのであれば、アイフルのキャッシングローンは優れているといえます。

まとめ

教育ローンに関しては、日本政策金融公庫の用意している国の教育ローンが金利面では低金利なので優れているのですが、申込みをしてから融資が実行されるまでの期間が20日間程度と長く、追加融資であっても審査がありますので、すぐに教育資金が必要な場合の利用には不向きです。

基本的には、教育ローンなどで賄うとして、突然必要になるタイプの教育資金に関しては、消費者金融業者や銀行のカードローンが有利といえます。特にアイフルのキャッシングローンに関しては、初回に限り30日間無利息サービスなどがありますので、うまく利用することで、窮地を脱出することができる可能性が高まります。

Pocket