Pocket

note2128_128教育ローンを利用する前に、どのような教育ローンが子供にマッチしているのかを知らなければ、最適な教育ローンを選ぶことはできません。教育ローンは借りたら返済をする必要があるのですから無計画に利用するというのもできません。利用するのであれば最適な教育ローンを選びたいものです。今回は最適な教育ローンを選ぶためにはどのようなことをするべきか見ていきましょう。

教育ローンについて考える

教育ローンですが、子供が志望校に合格してから考えるというのでは最適な教育ローンを選ぶことができません。その理由としては、時間がないということです。例えば、最も低金利の国の教育ローンに関しては審査にかかるまで10日間程度はかかります。そして申し込みから入金までは20日間はかかるでしょう。

しかも、これはあくまでも目安であり、受験シーズンなどでは国の教育ローンの申し込み件数は多くなりますので、審査が終わるまでにはさらに時間を必要とする可能性も否定することができません。融資金が入学金の支払いまでに間に合わないことが多々あるわけです。

また国の教育ローンに関しては、1年間に使う予定の額より少し多く申し込むというのがポイントになります。理由として、カードローン(キャッシング)のように追加融資をお願いする場合でも再び審査があるわけなので、追加融資の申し込みも面倒くさいわけです。

そのため、少し余分に借りておいて、使い終わり余ったら繰り上げ返済をしていけばいいわけです。

教育ローンを利用しなければならないのであれば、事前に教育ローンについて調べる必要がりますし、子供と話しあう必要もあります。最適な教育ローンを選ぶためには事前に情報収集をしなければならないのです。

教育面の情報収集

まず、子供との話し合いによって子供の考える進学先、親の望む進学先についてすり合わせをしていく必要があります。また、実際に子供がその学校へ進学するだけの学力があるのかも知る必要があります。

子供が就職したいと考えているのであれば、教育ローンについて悩む必要もないわけです。また、無理やり親の希望を通して教育ローンを利用したとしても子供が退学をしてしまったら、やはり無駄になってしまいます。

さらに、子供が希望する進学先へ入学することができる学力あるのかないのか、という点も重要です。医学校へ進学したい子供が希望していても学力面に難があれば、最適な教育ローンも異なってくるはずです。

そのため、常に子供から情報を収取しておくことも重要になります。

融資の金額について考える

教育ローンを利用したら、必ず返済をしなければなりません。現時点においてマイカーローンや住宅ローンがある場合、その返済をする必要もあります。返済をすることができなくなった場合、困窮した生活をおくらなければならなくなります。

そのため、国の教育ローンにしろ、民間の教育ローンにしろ、どこから借り入れるにしても、返済可能な返済プランを立てて、必要な教育資金の総額をかなりシビアに計算して把握する必要があります。

資金が足りなければかりればいいと、放漫な資金繰りをしていると高い確率で行き詰まることになります。シビアにどこまで借りれば必ず返済をすることがえきるのか、という点を考えることが最適な教育ローンを選ぶ上では重要なポイントになります。

家計をシビアに判断

教育ローンを借りる場合は返済をする必要があります。あまりにも高額な融資を受けた場合、老後のための資金がなくなるなんてケースもあるかもしれません。子供のためにお金を使うのと同時に老後の生活資金も蓄える必要もあるのです。

そのため。現状の収入からどのくらの教育ローンを借りることができるのか返済能力を考える必要があります。また、現状の収入がいつまでも続くというわけでもないので、今後の収入の増減の予測などもする必要もあります。

どのくらいの返済能力が現在の家計で可能なのかを考えることも最適な教育ローンを選ぶ要因になるでしょう。

まとめ

最適な教育ローンを選ぶ際には下記の点に注意をしましょう。

  • 子供の希望と学力
  • 融資の金額について考える
  • 家計をシビアに判断

これらのことを、前々から考える必要があります。教育ローンに関しても結局は返済が必要なものですから、よくよく考えずに借りて返済できない、返済ができても老後の資金がないなんてことにならいないように選ぶことが重要です。

Pocket